校章

飯田市立旭ヶ丘中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0157 飯田市大瀬木3530 TEL 0265-25-2027 FAX 0265-25-7038
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2020 年 12 月 のアーカイブ

年末年始における新型コロナウイルス感染症への対応について

飯田市新型コロナウイルス感染症対策本部より、年末年始における新型コロナウイルス感染症への対応について指示がありました。

年末年始を明るく健やかに過ごすために ~飯田市からのお願い~

ページの先頭にもどる

12月23日(水)『2学期終業式』

 85日間の2学期が終了しました。2学期は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、様々な行事や活動の内容や形を工夫して実施しました。おかげさまで、休校等はなくほぼ予定通りに終えることができました。

24日(木)から冬休みに入りました。学校長の話にもあったように、この冬休みは特に家にいる時間が長くなります。日頃からお世話になっている感謝の気持ちを家族の一員として働くという形で表し、たくさん話をして欲しいと思います。感染対策を心がけながら、年末年始ならではの風習も学んで欲しいと思います。それぞれが自分を律して自分らしい挑戦ができるよい冬休みにしてください。

12月29日(火)~1月3日(日)は閉庁します。

ページの先頭にもどる

12月22日(火)『ネット ここに注意!~SNSの危険性と留意点~』

一般社団法人セーフティネット総合研究所代表理事 博士(学術) 南澤信之先生をお招きして、情報モラル・ネットトラブル防止講演会を実施しました。オンラインゲームやSNS、動画サイトに潜む危険性についてお話をいただき、SNS利用上の注意点を確認できました。大人も子どもも『ネット上には感情を書き込まない!』『ネット上には個人を特定できる情報(顔写真など)を絶対投稿しない!』『自身が真偽を確認できるもの以外は他人に回さない!』ことを守って利用したいですね。

 

ページの先頭にもどる

12月18日『引き継がれたバトンー第2回生徒総会』

今年度2回目の生徒総会を、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策としてZoomで行いました。意見・質問・要望について積極的な発言があり、全校生徒1人ひとりがしっかりと考えて臨めていたことがよく伺えました。生徒会役員退任の挨拶、新役員紹介、そして引継ぎの場面は短時間、全校生徒が体育館に集まり、しっかりと見とどけることができました。今まで生徒会をひっぱってくれた3年生から2年生へとバトンが渡されました。3年生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

ページの先頭にもどる

12月17日(木)『1年榧の実チャレンジ発表会』

1学年が総合的な学習の時間に学んだことの発表を、お世話になった講師の方々をお招きして行いました。例年は11月の参観日に全校縦割りグループでお互いの学びを発表し合っていましたが、今年度はコロナウィルス感染症拡大防止のために学年内で実施する形をとりました。

生徒の感想です↓

「榧の実チャレンジの発表会がありました。緊張したけど、大きな声で、できるだけゆっくりはきはき話すことを意識してできました。他の講座の人たちがどのようなことを学んだのかを知ったり、人の前で発表することに慣れる良い機会となってよかったです」

「榧の実チャレンジの発表をしました。他の人の発表を聞くと自分とは違う考えで面白いなと感じました。自分の番になるとやっぱり緊張してしまい、早口になったかもしれません。でも、自分が学習してきたことを人にしっかり伝えることができてよかったです」

友だちの発表からも学んだことが多かったようです。学んだことをまとめ、分かりやすいように伝える力を、色々な場面で高めていきたいです。

ご来校いただいた方から、「人の前で発表する機会があるのはいいですね」とのコメントもいただきました。

ページの先頭にもどる

12月16日(水)『タブレットPC・Chromebookの使い方再確認の時間』

11月2日に飯田市より貸与されたタブレットPC・Chromebookの使い方について改めて考えました。はじめてタブレットPCやChromebookを手にした時の気持ちを思い出し、ここ1ヶ月半の使い方について振り返りました。「学習とは関係ないことに使用してしまった」とか「時間を意識せずに使用してしまっていた」といったことがあげられ、飯田市からの借用物であることを再確認し、今後は正しい使い方を心がけていこうという気持ちを持つことができた時間となりました。 

 

 

ページの先頭にもどる

12月15日(火)『身近な地域の調査』

2年生の社会科の授業では、身近な地域の調査で、『旧中津川線の線路の跡はどのような様子なのだろうか、旧中津川線の線路跡の様子を見に行こう』という目的で、クラスごとに現地へ赴き、調査活動を行いました。

 

社会科にならって、他の教科でも地域の「ひと・もの・こと」を積極的に教材化することに努めていきます。

 

 

ページの先頭にもどる

12月8日(火)10日(木)『友結委員会による人権教育授業』

有志で結成した友結委員会による人権教育の授業が行われました。「人を傷つけず、誰かの心を温める旭中生になろう」というテーマのもと、普段の言葉や行動を見返してみました。アンケート結果から、気づいたことや感じたことを共有し、実際に場面を想定して役割演技を行いました。授業の最後には、一人ひとりが『悪口を言わない』『言っている人がいたら注意する』『考えて話す』などといった「人を大切にする宣言」をしました。

 

 

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->