校章

飯田市立旭ヶ丘中学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0157 飯田市大瀬木3530 TEL 0265-25-2027 FAX 0265-25-7038
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2021 年 7 月 のアーカイブ

7月25日(日)PTA資源物回収

7月25日(日)にPTA資源物回収を実施しました。晴天の中、多くの生徒、保護者の皆様が回収作業に励んでくださいました。また、地域の皆様、業者の皆様、ご協力ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

7月21日(水) 一学期終業式

7月21日(水)一学期終業式をTV放送で行いました。代表生徒の意見発表では、部活動や学習面で得た成果や2学期への課題が語られました。校長先生の話では、挨拶の輪が広まってきていること、合唱が復活してきていることなど、この一学期で向上してきた点を話しました。また、アメリカ大リーグで活躍する大谷翔平選手が高校時代に作成した「目標設定シート」を紹介し、自己を高めるために具体的な目標を設定することの大切さについて触れました。この夏休み、2学期に向けて自己をステップアップできる良い機会として下さい。

この後、全校で環境整備をして、使用した校舎を整えました。

ページの先頭にもどる

7月23日(金) 中体連長野県大会 結果速報

男子卓球部
<団体の部>
予選 第1ステージ
旭ヶ丘 0-3 東北
旭ヶ丘 3-2 臼田
旭ヶ丘 3-2 女鳥羽

予選第2ステージ
旭ヶ丘 3-2 豊野
旭ヶ丘 0-3 若穂
旭ヶ丘 0-3 三郷

<個人の部>
敗退

女子卓球部
<個人の部>
敗退

ページの先頭にもどる

7月18日(日)吹奏楽コンクール・中体連長野県大会・通信陸上長野県大会 結果速報

吹奏楽部
南信B地区大会 A編成の部 金賞

男子ソフトテニス部
1ペア出場 1回戦敗退

陸上競技部
女子共通200m 第1位
女子3年100m 第2位
女子共通800m 第4位
女子共通1500m 第6位

ページの先頭にもどる

7月17日(土)中体連長野県大会 結果速報

サッカー部
1回戦 旭ヶ丘 1-4 東御東部

女子ソフトボール部
1回戦 旭ヶ丘 0-10 小諸東

柔道部
1回戦 旭ヶ丘 0-5 屋代

ページの先頭にもどる

7月16日(金)文化部決意発表会

7月15日(木)、16日(金)文化部の決意発表会をTV放送で行いました。
運動部と同じく、演奏や決意の言葉を事前収録しての実施でした。吹奏楽部・合唱部・人形劇部は、昨年度この夏の発表の場は一切ありませんでした。多くの方のご協力により、コンクールと人形劇フェスタの機会を頂きました。心のこもった発表となることを期待しています。
また、週末にかけて中体連県大会も開催されます。厳しい勝負の場に挑む選手の皆さん、終わりの姿こそこの1年間の成果です。健闘して下さい。

吹奏楽部の意気込み
「地区大会1位を目標として日々練習を積み重ねてきました。今、音楽ができることを感謝し、精一杯演奏してきます!」

合唱部の意気込み
「悔いの残らない、最高なNコンに!!」

人形劇部の意気込み
「人形に魂を吹き込むように役になりきって、見て下さる方々も、演じる自分たちも笑顔になれるような劇をつくります!」

ページの先頭にもどる

7月16日(金)『飯田市を日本一住みたいまちにする』飯田市長講演会

7月16日(金)飯田市長 佐藤健様をお招きし、1年生を対象に講演会を行いました。1学年の総合的な学習の時間「地域を知る」のスタートとして、飯田市の魅力、日本一住みたいまちを目指していること、中学生の発想で飯田の大火から復興したことなどをお話しいただきました。
この話を基に、これから飯田市の文化や産業など様々な事柄について調べ、自分たちの住む飯田について考えていきます。
佐藤市長様、誠にありがとうございました。

ページの先頭にもどる

7月4日(日)中体連長野県大会 結果速報

陸上競技部
3年女子100m 優勝
共通女子1500m 準優勝

※以上2名、北信越大会進出

水泳競技
女子4×100mメドレーリレー 優勝
女子4×100mフリーリレー 準優勝

※以上2種目、北信越大会進出

男子400m自由形 5位、1500m自由形 4位
女子100m平泳ぎ 4位、200m平泳ぎ 5位
女子200m個人メドレー 6位
女子100mバタフライ 8位、200mバタフライ 4位
女子50m自由形 5位、100m自由形8位
女子100m平泳ぎ 9位
※男女 総合優勝、女子 総合優勝

体操競技
男子1名出場

相撲競技
軽量級の部 第3位
軽量級の部 敗者復活戦勝ち上がり

※以上2名、北信越大会進出

ページの先頭にもどる

7月2日(金) 「開校当時の雄大な校歌合唱を」

昨年度から続くコロナ禍により、合唱練習がままならなくなっており、現2年生も校歌を自信をもって歌えていない状況でした。この状況を打破し、「校歌を全校で歌い繋いでいこう」という取り組みが始まっています。
同窓会副会長様や開校当時に在籍した卒業生から、校歌に対する思いをビデオメッセージとして聞きました。そして、開校当時に音楽科職員であった清水先生にお願いし、指導してもらっています。開校当時は歌詞の意味を大切にして、ゆったりしたテンポで歌っていたとのこと。30有余年の年月を越えて、旭ヶ丘中の誇りとなる校歌合唱を復活させていきます。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->